プロフィール

凛煌

Author:凛煌


ミスターシリウスの音楽を
こよなく愛し、
愛聴の範囲はクラシック、ジャズ、ブリティッシュ音楽。
はてはプログレからVasenなどの北欧サウンド、ECM系ジャズまで及ぶ。

美しい旋律がこの身に飛来する事を願う。



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



過去ログ



至高の音楽を求めて



日本が生んだ最高の抒情詩。
欧州に生まれた者に持ち得ない、
日本人による欧州への憧れと
クラシック、フォーク、ロックの素養の
最も良い部分を抽出し、発酵させた
豊潤な知と優雅を持つ傑作!
音楽好きという方は、
この至高の音楽のアートを 聴かないというのは本当にもったいない!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



グレイとピンクの地の帽子と野原

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログレというものへの個人的認識
定義 プログレッシヴ マーキーの投稿文からの引用。

★音楽以外にも哲学、文学、数学、物理学等の要素を内包し、第三世界へのベクトルを有するもの

★プログレッシヴはインテリやスペシャリスト達の秘めたる遊戯である。彼らが時に博士となり
或いは狂人となり、また時に小人となり、或は巨人になる、それがプログレッシヴである。

★飢えていてはプログレッシヴはできない。満たされてはいるが、その中ですすんで渇きを求める。
これがプログレッシヴである。

世のA級プログレッシヴの必須条件は、内省的な曲作りに外に向かう生命力を吹き込むこと。
すぐれた自己プロデュースができること。自分達なりの「音が天空につきぬける瞬間」を確立し
演出できること。

―――――――――――――――――――――――★――――――――――――――――

プログレというものはどういうものであると捉えるか?長い曲構成やメロトロンやハモンドなどの
特徴的な音色を用いているから、あるいは変拍子を多用しているから、というのは音楽的な
一面に過ぎないのではないかと。この特徴のみでプログレであるというのは違うと思う。
(ただ、豊かな世界を表現するためにはそれに応じた表現する力と形にするだけの技量がいる。
 ゆえに複雑になったり、特徴的な音色を選択するのだと思う。表現と精神がまず先にあり、
その結果として 変拍子や音色、曲展開が大仰になるということが時にしてあるということだと。)

そもそも音楽は精神性だと思う。であればこそ、それゆえに聞き手の精神に深くしみこみ、
感性を刺激し、感銘と驚き、喜びを与える作用をもたらすことができるのである、と
個人的に私は思う。そうでなければ音楽はただの音の塊でしかないということになる。

(・・・ただの音の塊でしかない、美しいメロディーもリズムもないような聴くところもない
つまらないものが音楽としてもてはやされているジャンルやケースもあるが。
具体名は挙げませんが4人組の勢いだけすごいがそれだけで何の面白みもない
音自体ほんとうに聴くに耐えないやかましくて曲名も気持ち悪いバンド。)

ひとそれぞれだと思いますが、私自身は引用のこの名文は少なからず(かなり)意識しています。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://saisaly.blog59.fc2.com/tb.php/29-e38453d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。